ドライマウス治療

ドライマウス(口腔乾燥症)

人口の25%の人がドライマウスの潜在的患者数と言われています。
つまり日本には3000万人いることになります。
これだけ多くの患者さんがいるのに受け皿となる医療機関は少なく、どこで相談すればよいのかわからず悩んでいるのが現状です。
しかしながら、ドライマウスは歯科医院において適切な処置を行うことによって症状を緩和し、進行を止めることが可能です。

ドライマウスの症状

自覚症状として、口がかわく、のどがかわく、口がねばねばするなどの口腔乾燥感、口の中の痛み、味覚異常などが一般的です。
重度になると虫歯や歯周病の悪化、義歯が痛くて入れていられない,舌がひりひりして食事ができないなどの深刻な事態となります。
ご本人の精神的苦痛は計り知れません。

ドライマウスの原因

さまざまな原因により生じることが知られています。
ストレスによるもの、薬剤性によるもの、老人性によるもの、全身疾患によるものなどが唾液分泌の低下を招きドライマウスを発症させています。

ドライマウスの診断

唾液分泌量を測定する検査が一般的です。

ドライマウスの治療

各種の原因によってその対処法は違ってきますのでご相談下さい